セラミドについて

セラミドといえば様々な化粧品に配合されている成分です.
ではこのセラミドという成分がどういった役割を果たしているのか紹介していきたいと思います。

セラミドとは


セラミドはスフィンゴ脂質の一種、皮膚の表面に近い細胞膜に存在しています。
そして細胞と細胞の間クッションのような役割を果たしています。

 

皮膚表面の表皮の脂質部分は半分がセラミドで形成されています。
セラミドが占める割合が大きく肌にどれだけ重要かということが分かると思います。

 

セラミドは水と油からできて、水の層と油の層が交互に重なり合って、ラメラ構造という層になっています。
これらの二つの層によって外からの刺激などから肌を守る役割をしてくれていると言われています。

 

セラミドは水と油からできていて、肌の表面の角質層に存在していて、細胞と細胞の間のクッション、つなぐような役割をしていて、しっかりセラミドが存在していることで潤いの肌を保つことができるというわけです。

 

水と油が重なり合ったラメラ構造で肌も守ってくれるということでバリア機能も高いわけです。

セラミドが不足すると


上の役割からセラミドが不足すると水分を保持する力が落ちてしまうため肌が乾燥してしまいます。

 

さらに肌のバリア機能も弱くなってしまうので外からの刺激(紫外線や菌)などが 侵入しやすくなり、肌トラブルが起こる可能性が高くなります。
乾燥や外からの刺激を受けることでシミやシワくすみなど様々だ肌トラブルに繋がっていくということなんです。

 

乾燥などは特に肌の大敵なのでセラミドがどれだけ重要かということがあると思います。
さらにセラミド不足がアトピーなどにも関係しているということも言われています。

 

若い時はセラミドは多いのですが年齢を重ねることによって減少していきます。
ですから肌が乾燥する方や様々な肌トラブルがある方はセラミドを補ってあげることも一つの予防になるのではないでしょうか。

 

特に三十代四十代お年を重ねるごとにどんどん重要さが増すと思います。

実際使ってみた商品紹介

ディセンシア つつむ ディセンシア アヤナス ヒフミド
ディセンシアのアヤナスを使ってみたディセンシアアヤナスレビュー ディセンシアのつつむを使ってみたディセンシアつつむレビュー ヒフミドを使ってみたヒフミドレビュー