セラミドの種類

セラミドにはいくつかの種類がありそれぞれ特徴が違います。
ではどういったものがあるのか紹介していきたいと思います。

 

 

ヒト型セラミド

まず初めに紹介するのがヒト型セラミドというものです。
これは酵母を使って人のセラミドに近い構造にされているセラミドです。

 

ヒト型セラミドの特徴としては保湿力が非常に高いというのがポイントにあります。
浸透力も高く刺激が少ないので肌にも良いということが言えるのではないでしょうか。

 

よくセラミド配合の化粧品を見ていただくとセラミド1、セラミド2などと書かれていると思いますが、これと同じです。

 

加齢によってセラミドが減少して乾燥しているという方に良いのではないでしょうか。

 

代表的なものとしてディセンシアヒフミドがこれにあたると思います。

 

天然セラミド(植物性)

天然セラミド(植物性)は米やこんにゃくなどの植物から抽出されたセラミドです。

 

植物性の天然セラミドは動物性の天然セラミドに比べて刺激が少なく安全性が高いと言われています。
他には浸透力が高いというのもポイントにあります。

 

保湿効果に関しては動物性天然セラミドの方が高いと言われています。
低刺激ということであればこちらの動物性の天然セラミドが良いと思います。

 

コメヌカスフィンゴ糖物質などと表示さされています。

 

代表的なものとしてモーニュがこれにあたると思います。

 

天然セラミド(動物性)

天然セラミド(動物性)は馬などの動物から抽出したセラミドでビオセラミド、ウマスフィンゴ脂質と表示されています。

 

天然セラミドの特徴としては角質層の細胞間の脂質と似ていて高い保湿力が期待できます。
こういったことからバリア機能が低下している方や敏感肌、アトピーなど肌トラブルを抱えている方に良いのではないでしょうか。

 

代表的なものとしてアルージェがこれにあたると思います。

 

合成疑似セラミド

合成疑似セラミドは科学的なものによって作られたセラミドです。
科学的に作られていて安価に生産できるということで価格的に安いものが多いです。

 

効果に関しては保湿などそれほど高いという情報はないのでヒト型セラミドや天然セラミドほどの高い効果は期待できないのかもしれません。
ただ価格が安いということで価格重視の方には良いのではないでしょうか。

 

セチルPGヒドロキシエチルパルミタンドなどと表示されています。

 

代表的なものとして花王のキュレルがこれにあたると思います。

 

まとめ

化粧品に配合されているセラミドとしてはこういった種類のものがほとんどだと思います。
それぞれセラミドによって効果特徴が違いますので自分に合ったものが配合されている化粧品を選ぶのが良いかと思います。

 

実際使ってみた商品紹介

ディセンシア つつむ ディセンシア アヤナス ヒフミド
ディセンシアのアヤナスを使ってみたディセンシアアヤナスレビュー ディセンシアのつつむを使ってみたディセンシアつつむレビュー ヒフミドを使ってみたヒフミドレビュー